千代田ソイルテック株式会社

地盤調査・地盤改良工事のスペシャリスト。住宅の地盤調査・地盤改良工事なら千代田ソイルテック

会社概要

すべてのお客様の満足へ

住宅の地盤調査・地盤改良工事
千代田ソイルテック

 

================

【本社】

〒340-0823
埼玉県八潮市古新田325番地
TEL:048-995-9876
FAX:048-995-9803

================

 

HOME»  スウェーデン式サウンディング試験

スウェーデン式サウンディング試験

スウェーデン式サウンディング試験とは

スウェーデン式サウンディング試験とは

 

住宅用宅地調査でもっともポピュラーな試験

スウェーデン式サウンディング試験を用いて、土の高度や締まり具、土層の構成を判定します。
深度10mまでの軟弱地盤の状態を細かく調べる事ができ、調査方法も比較的簡便で安価なため、住宅用宅地で最も一般的な調査方法として広く普及しています。

 

スウェーデン式サウンディング試験とは

▲SS調査先端スクリュー

 

スウェーデン式サウンディング試験とは

▲ハンドオーガー(スクリュー型)

 

スウェーデン式サウンディング試験とは

▲ハンドオーガー(ポストホール型)

 

試験方法

【1】 長さ0.8mのロッド先端にスクリューポイントを取り付け、ポイント下端から50cmのところにクランプ下面を合わせ載荷用クランプを固定し、座板を通して調査地点上に鉛直に立てて支えます。

 

 

【2】 この状態で、ロッドが地中に貫入するかどうかを確かめ、貫入する場合は、荷重に対する貫入量を記録し、貫入しない場合は荷重を載荷用クランプに順次載荷 (荷重段階は5→15→25→50→75→100kg)を行い、途中貫入する場合は荷重に対する貫入垂を記録し、その操作を繰り返します。

 

 

【2】 この状態で、ロッドが地中に貫入するかどうかを確かめ、貫入する場合は、荷重に対する貫入量を記録し、貫入しない場合は荷重を載荷用クランプに順次載荷 (荷重段階は5→15→25→50→75→100kg)を行い、途中貫入する場合は荷重に対する貫入垂を記録し、その操作を繰り返します。

 

 

【4】 測定が終了したら、載荷荷重を取り除き、引き抜き装置により貫入した全ロッドを引き抜き、ロッド本数およびスクリューポイントの異常の有無を調べます。

 

スウェーデン式サウンディング試験法による調査報告書

スウェーデン式サウンディング試験法による調査報告書

 

1:ハンドル
2:おもり(10kg×2、25kg×3)
3:載荷用クランプ(5kg)
4:底板
5:ロッド(Φ19mm、1,000mm)
6:スクリューポイント用ロッド
(Φ9mm、800mm)
7:スクリューポイント

 

スウェーデン式サウンディング試験法による調査報告書

 

お問い合わせ

トップページ画像